家庭教師の「プロ」「アルバイト」

家庭教師は、二つに分けるとアルバイト講師、プロ講師とあります。

アルバイト講師は主に学生講師で、学生の中では家庭教師というアルバイトは人気があります。

理由の一つとして比較的「楽に稼げる」これは受講側にとっては問題でもあるのです。

今では大学生の学力低下の影響もあり一概に大学のブランドだけでは無条件に高時給で採用されるということは減少気味ですが、以前は通っている大学はとても大きな判断基準になっていました。

学生にとって二時間座っていれば五千円前後もらえる家庭教師という仕事はとてもおいしいアルバイトであり、全ての学生家庭教師とは言えなくとも、そのくらいの意識の学生であれば熱意とやる気と責任感のある家庭教師は少ないのかもしれません。

プロ講師となると、家庭教師派遣業者に講師派遣の依頼をし、学生講師・プロ講師を選択できます。

どのような基準でプロ講師か否かが決まるかというと、採用時にプロかを決めるのは採用側で、だいたいは常勤や非常勤を問わず、大手 有名塾や予備校勤務ならば「プロ」と扱われます。

プロ講師を選んで派遣するにあたり、例えばどのような講師かというと、指導力の判断するには面接や学力試験だけでは難しく、判断基準になるのは塾や予備校内での位置や指導経験の長さ、合格実績が基準となるようです。

高めの時給で求人募集を出している派遣業者は、経験と実績があり、少しでも良質な講師を確保しようとしますが難しいのが現実です。

同じ業者が頻繁に求人広告を出し続けるのは、そのような事情があるわけです。

ようは家庭教師を雇っても雇用側の期待通りの講師に、いわゆる支払う金額に見合うだけの家庭教師が必ずしも現れてくれるわけではないということです。